昭和と拝島の1文字ずつをとった昭島駅

東京都の立川から奥多摩までを結ぶJR青梅線の昭島駅(あきしまえき)は、かつて「昭和前」という駅名でした。

このあたりは昔、8つの村が合併してできた昭和村という地名でしたが、この地名にちなんで駅名がつけられたわけではないようです。

1938(昭和13)年に、機械メーカーの昭和飛行機工業株式会社がこの地に進出、製造を開始することになりました。

それに合わせて同会社の工員が通勤するための駅として現在の青梅線である青梅電気鉄道の仮停留所が設置されたのが駅のはじまりで、「昭和前」の駅名は昭和飛行場の前ということにちなんでつけられたのです。

現在のJR鶴見線である鶴見臨港鉄道に「昭和」という既存の駅があったので、重複を避けるため「前」をつけて「昭和前」としたようです。

昭和飛行機工業は現在でもこの地で操業を続けています。

戦後に昭和の大合併がおこなわれると、1954(昭和29)年、昭和村は隣の拝島市と合併して昭島市となります。

昭島市という名前は、昭和と拝島の1文字ずつをとって付けられました。

昭島市役所が昭和前駅の近くに置かれ、昭和前駅は昭島市の中心駅となったこともあって、5年後の1959(昭和34)年に市の名前と同じ昭島駅と改称されました。

東京都の交通事故に強い弁護士