歌舞伎町に歌舞伎座はない

東京都新宿区に位置する歌舞伎町は、飲食店や映画館、劇場、娯楽施設が集中し、日夜人通りが絶えることない歓楽街であり、日本を代表する繁華街のひとつです。

しかし歌舞伎町という地名にもかかわらず、新宿の歌舞伎町に歌舞伎座があったことはありません。

本当は歌舞伎座がある町になる予定だったのに、計画がダメになり悲しいことに呼び名だけが残されてしまったのです。

1945(昭和20)年、空襲により新宿歌舞伎町の周辺は一面焼け野原となってしまいましたが、東京都や町内の人々は復興を目指して協力し、復興計画が出来上がりました。

その計画の内容は、焼け野原になってしまった広大な土地に芸能や娯楽施設をつくり、娯楽地域にしようという前向きなものでした。

大きな劇場や演芸場、映画館、大宴会場などを建てる計画が練られ、歌舞伎座・菊屋がその中心施設とされていました。

そして菊屋の建設にともない、町名が歌舞伎町と変更されたのです。

ところが建設制限令や金融措置法の発令で、歌舞伎町の娯楽施設建設計画はほとんどがなくなってしまい、その結果呼び名だけがそのまま残ったのです。

しかし、町民が挫折に負けず復興をあきらめなかったおかげで、後に現在のような娯楽の街が出来上がったのです。