伊豆諸島が東京都の管轄である理由

伊豆半島は静岡県なのに伊豆諸島は東京都の管轄下にありますが、かつて伊豆諸島は伊豆半島とともに静岡県でした。

ところが1878(明治11)年に、伊豆諸島は静岡県から東京府に編入されます。

伊豆諸島だけが編入されたのには理由があり、伊豆諸島は古くから伊豆半島よりも江戸との関係が密接だったのです。

伊豆諸島では米の生産ができなかったため、塩や絹織物を年貢として江戸幕府に納め、その代わりに米の支給を受けたり、また、島の産物である絹織物や魚類などを江戸へ持って行って売り、手に入れたお金で食料や日用品などを買ったりしました。

租税や戸籍といった行政事務も伊豆半島ではなく東京の出張所で処理がなされていたといいます。

このように伊豆諸島は東京と深い結びつきがあったので、島の住民は東京への編入を望む人が多くいて、願い通り東京府に移管されたのです。

また、東京へ編入された理由として、伊豆諸島の位置が東京の真南であり軍事戦略上の重要な拠点であったことも関係しています。

小笠原諸島も同様な理由で東京の管轄下におかれ、軍事基地とされていました。

アメリカ軍に占領された小河原諸島は1968(昭和43)年、日本に返還されて現在でも東京都の管轄となっています。